有限会社中建

ホーム 会社概要 施工例 中建の建てる家(こだわり) 免震工法 お客様の声
心地よく 長持ち 見せられる

心地よくいつまでも住続けたい家

中建のこだわり 「心地よく」

 

暑すぎたり・寒すぎたり、と言った生活を送っていないですか?
朝起きた時寒くて布団から出にくい、また起きたとしてもすぐに暖房機のスイッチを入れる。
そんな生活をしていませんか?
当社では、高気密・高断熱仕様により、省エネルギーで快適な生活を提案します。


高気密・高断熱と言うと、窓を開けないような閉鎖的なイメージを
もたれるかもしれませんが、そうではありません。
天気のいい日には窓を大きく開け、新鮮な空気を取り込む普通の生活を送ればいいのです。


高気密・高断熱の真価が出るのは、そんな日でない時です。
高気密・高断熱の家ならば、外の環境がそのまま家の中まで入ってくることはありません。
多少の暑さ・寒さは建物自身が緩衝材の役割を果たし、冷暖房器具なしで過ごすことを可能にしてくれます。
厳寒の冬・猛暑の夏と言う時に初めて補助的に冷暖房器具を使用すればよいのです。
また高気密・高断熱の家ならば、家全体の温度差を小さくすることが簡単にでき、ヒートショック・コールドショックによる心筋梗塞・脳内出血・脳卒中などを予防することもできます。

 

そうです、気密・断熱計画をしっかり立てることにより、冷暖房機をあまり使わない、快適で、省エネルギーな住生活を送ることができます。

 

空気がきれいな家とはどんな家でしょう?


人は、呼吸することにより空気を汚しています。
そしてその汚れた空気は換気することにより、外気のようなきれいな空気へと戻ります。
換気するということは、汚れた空気をきれいにするだけでなく、家の中の匂いやダニカビ、結露の原因ともなる水蒸気も排出します。


又、空気をきれいにするのは、換気だけではありません。
壁や天井に使う無垢の木や自然素材には、消臭効果や芳香効果もあるのです。


しかしただ単に換気をし、自然素材を使えば良い、と言うものでもありません。
換気を行うには、気密性を高くし、換気経路を明確にしなければいけませんし、自然素材も、材の持つ透湿抵抗等を考慮し、適材適所に使用することが大切です。


天井・壁・床、自然素材の使い方を考え、計画的に換気することにより、いつもきれいな空気の中で、おいしく食事し、ぐっすり眠り、そしてくつろぎの時間を過ごせるような、空気のきれいな家を造っていきましょう。

 

 

| HOME | 会社概要 | 施工例 | 心地よく | 長持ち | 見せられる | 免震工法 | お客様の声 |

| 家づくりの相談から完成まで | 家を建てる前に読みたい本 | リンク | お問い合せ |

 

〒516-0101 三重県度会郡南伊勢町五ヶ所浦4005 TEL:0599-66-0204/FAX:0599-66-1546

COPYRIGHT(C) 2010 NAKAKEN CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED