有限会社中建

ホーム 会社概要 施工例 中建の建てる家(こだわり) 免震工法 お客様の声
心地よく 長持ち 見せられる

心地よくいつまでも住続けたい家

免震工法

 

「あなたの建てたい家は家族を守れますか?」

日本は、海溝型や活断層型の地震の発生が世界中の1割を占める地震多発地域です。
今後、1995年阪神淡路大震災、2000年鳥取県西南部地震、2003年宮城県北部地震、2004年新潟中越地震クラスの大地震がいつどこで発生してもおかしくはないのです。

 

「地震に安全な住まいが欲しい」

地震大国日本に住む私たちにとって、誰もがそう願うのではないでしょうか?しかし、地震に耐えられるような頑丈な家を建てれば安心なのでしょうか?地震対策には大きく、3つの工法があります。

1.耐震工法

筋かい・金物等により建物を強固にして、地震力に耐える工法

2.制震工法

防震ダンパー等により、地震力の増幅を抑える工法

3.免震工法

建物と地面を絶縁することで、地震力を建物に伝えない工法

 

現在の建築基準法では、地震に対して耐震と言う形で基準を設けています。震度4程度の地震であればこれでも良いかと思います。しかし、それ以上の地震に対してはどうでしょうか?

 

当社が免震工法を勧める理由

・建物は壊れなくても、家の中の家具の転倒、ガラスの割れ等による

 2次災害の危険をなくすため
・地震への恐怖感をなくすため
・地震後も安心して、そのままの状態で暮らすため
の3つが挙げられます。

 

免震工法を採用するには、400〜600万円程度かかります。
しかし、地震後の修繕費用は、それだけで納まるでしょうか?
地震後、通常生活に戻るまでの不便さ・不自由さ、片付け等の大変さ、そして何より、地震への恐怖感が払拭出来ることを考えると、検討する価値は十分あると思います。
いいえ、検討してみるべきだと思います。大地震を望んでいる人はいないと思います。しかし、万が一大地震となったとき、「備えておけば良かった」と思っても、もう遅いのです。

 

「住まいも人も安全でありたい」

そこに暮らす人の安全はもちろんのこと、様々な財産を守るためにも免震システムをお勧めします。当社では、数ある免震工法の中でも最先端の技術を持ち、数多くのハウスメーカーでも採用されている、IAU免震工法を採用しています。IAU免震工法の詳しい説明については、以下のページを参考にしてください。

http://www.iau.jp/index.htm

| HOME | 会社概要 | 施工例 | 心地よく | 長持ち | 見せられる | 免震工法 | お客様の声 |

| 家づくりの相談から完成まで | 家を建てる前に読みたい本 | リンク | お問い合せ |

 

〒516-0101 三重県度会郡南伊勢町五ヶ所浦4005 TEL:0599-66-0204/FAX:0599-66-1546

COPYRIGHT(C) 2010 NAKAKEN CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED